本文へスキップ

TOEIC・英検・ビジネス・発音の教材や勉強・受験・仕事のはかどりグッズの情報サイト

eigodehappy.com
 最終更新日 2020.10.29       

私の体験談「英検級 かんたん測定」

「英検級 かんたん測定」

英検級 かんたん測定でチェックしてみました。
15分程度で終了するテストです。同じURLなのですが、ログインが必要な時と不要な時があるようです。(理由不明)
英検級 かんたん測定

「結果の表」↓の見方
CEFRレベルのうち、単熟語はC2、文法はB2までの範囲内で診断される。
オレンジ矢印(どなたの場合も同じ位置までの固定表示)

今回の「私の結果」
黄色(私の成績の位置)
英検級 かんたん測定 はっぴーの成績結果
この表には、相関関係も出ているので、英検以外のCSEスコア、TOEICやTOEFLのおおよその目安も分かるようで良いですね!

チェック後の感想
文法力に関しては、準1級のところということなのですが、実際ともあっていると思います。

語彙力に関しては、今回の結果のように英検1級を突き抜けている状態かどうかは実際には微妙なところです。

「単語帳で英単語を覚えたことがなく」、当時「英検準1級以上は、市販のものでカバーできる教材は存在しない」と言われていて、英語ネイティブが日常的に読む英字新聞を読むように勧められて、そういったものをやみくもに読んでは覚えていき、受験していました。英検準1級に合格した後は、英字雑誌TIMEを読んでいました。

英字雑誌 TIME
この「TIME」は、私が読んでいた一部で、保存したい号だけ残しました。そんな、受験範囲の存在しない気の遠くなるような勉強方法なので、英検準1級以上になると、極端に受験者が減ったものでした。

英検に「合格すること」だけが目標だったとしたら、英語学習を続けられなかっただろうなと思います。昔から英検は存在自体が私の励みで、英検の勉強内容そのものが楽しさを与えてくれるものでした。